最初が肝心!慎重な病院選びが不妊治療を成功へと導く

不妊検査をする病院

先生

まずは産婦人科へ

赤ちゃんを授かりたいのに、なかなか授かれない夫婦の場合、産婦人科などの病院に行く必要があります。また、夫婦が30代以上の場合は、出来るだけでは早く検査を受けましょう。京都府内の産婦人科は、数多くあります。不妊治療の検査については、血液検査やエコー検査、また精液検査など、色々な検査を行います。京都の一般的な産婦人科であれば、一通りの不妊治療の検査は出来る病院が多いです。そのため、体に問題がないか相談したい場合は、近くの産婦人科にまず行くと良いです。ただし、産婦人科に不妊治療のために行くとなると、既に妊娠している人を多く見るようになります。これから妊娠したい人にとっては、精神的にストレスになる可能性もあるので、気になる方の場合は不妊治療専門の病院を選択するのも良いでしょう。

体外受精もできる病院

結婚してから一定期間赤ちゃんを授かれないという場合、本格的に不妊治療を希望するならば、不妊治療専門の病院に行くことをおすすめします。京都府内にも不妊治療の専門病院はいくつかあります。ただし、京都にある専門病院の数は、一般的な産婦人科よりも少ないです。多くの夫婦が一ヶ所に集中する傾向があります。しかし、専門病院でできる不妊治療は、高度な治療まで出来るのが魅力です。一般的な産婦人科では、人工受精までできる病院がほとんどです。しかし専門病院では、その上の体外受精や顕微受精も可能となっています。また、何よりもその病院に通う夫婦は、妊娠を目的に通う夫婦が多いことが特徴です。大きなお腹の妊婦を見て落ち込むストレスが軽減されます。そのため、このような専門病院に始めから通う人がたくさんいます。病院の情報を集める際には、インターネットの公式HPなどを活用すると良いです。行われている治療について、しっかりと説明している病院だと親切な場所だといえるでしょう。