最初が肝心!慎重な病院選びが不妊治療を成功へと導く

不妊検査をする病院

先生

京都府内には多くの産婦人科があり、不妊治療の検査も一通りできることが多いです。しかし、体外受精などの高度な治療が可能な病院は少ないため、治療専門病院での通院が人気です。専門病院では、他の通院者と妊娠に向けてのスタートが同じなので、精神衛生上も良い環境であることも理由です。

もっと見る

病院を探す

先生

妊娠の可能性がある時は、川崎の産婦人科を受診をしてみるといいでしょう。拇指手帳をもらうように指示があったり、分娩先を見つける事も大事です。また病院によって特徴も違いますし、分娩や入院にかかる料金も違ってきます。なので、よく考えてから病院を決めるといいでしょう。

もっと見る

未来へのはじめの一歩

カウンセリング

近年では、夫婦が1年間タイミングをとっても妊娠しない場合に、「不妊」と呼ばれます。その原因はさまざまで、病院に行って、検査や治療をしてみなければわからないことがたくさんあります。そこで、いざ、不妊治療のための病院を探そうと思ったときには、最初の病院探しが鍵となります。その後、不妊治療のステップアップなどにより転院をするとなると、また検査や治療がはじめからになってしまうことが多いからです。赤ちゃんができない中で、そういった手続きや環境の変化は、かなりのストレスになります。ですから、家からの距離などで安易に決めずに、実際に通っている人からの情報や、病院のHP、口コミサイトなども参考にして、病院を決めるようにすると良いでしょう。

次に、不妊治療の病院選びの際に基準となるのは、「距離・時間・相性」の三つが基本です。まず、はじめのうちは検査が多くあります。さらに、ステップアップをしていくと通院回数が増えますので、通いやすい場所にある方が良いでしょう。次に、時間ですが、これは特に仕事をしながら通院する場合に大切なポイントとなります。病院によって、診察時間や休診の曜日は異なります。また、土日や夜間の対応はどうなっているのかも、決める際のポイントとなります。さらに、デリケートな治療ですから、医師やスタッフとの相性も大切になってきます。最後に、不妊治療は夫婦の意思の疎通がなによりも大切です。二人で同じ方向をみて治療を進めていけるように、コミュニケーションを取ることを心がけましょう。

赤ちゃんが欲しい夫婦に

妊婦さん

手軽に購入でき使い方も簡単な妊活サプリは赤ちゃんの欲しい夫婦に大人気です。妊活サプリには赤ちゃんの先天性異常を予防する葉酸や妊娠しやすい体を作るマカなどがあります。摂取する目的やタイミングにも気を配りましょう。一定期間妊活サプリを試して妊娠に至らなかったら早めに医療機関を受診するのがおすすめです。

もっと見る